2013年06月30日

赤茄子切りとバジル切り

「そばもん」10巻に「赤茄子切り」が載っていたのでそば道場で打ってみた。

赤茄子とはトマトのこと、それに合うバジルも打ってみる。

赤茄子切りとバジル切りをそれぞれ700g、

赤茄子は湯むきのあと刻んで裏ごしにした。

バジルは細かく刻んであく抜きをしキッチンペーパーで絞っておく。

更級粉8割、割り粉2割に沸騰したお湯を52%で糊状にし

捏ね鉢に全体重をかけてそば玉をつくる。

そば玉に赤茄子とバジルをそれぞれ練りこんで1oに延して

1oに切って出来上がり。

赤茄子切りはトマト中4個使ったけど香りが薄かった。

バジル切りはいい香り、紫蘇切りよりいいかも

P1000220
▲赤茄子切り

P1000221
▲バジル切り(左)と赤茄子切り

P1000222
▲1o角に切る

P1000224
▲変わりそばの盛り付け

posted by 赤いふんどし at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | そば料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101252282

この記事へのトラックバック