2013年09月14日

北海道産の新そばを打つ

北海道深川産の新そばを打ってみた。加水率38%、味、香り、色まあまあというところ。

前にも書いたが、一昔前の新そばは特別の思いがあった。

その香り、薄緑の色、そば湯など、打っていてわくわくしたものだが、それは直前まで打っていたそば粉とは全くの別物だったからである。

最近はそば粉の貯蔵技術が発達し、新そばが出る前でも遜色のないそば粉を提供できるようになったからである。

だから、新そばが出たからといって、じゃ打ってみるかといった感じになってしまった。

これでいいのかどうかは「うーん」何とも言えない。

P1000513
▲新そばを「もりそば」でいただく

posted by 赤いふんどし at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 手打ちそば

2011年10月19日

恩師と同級生にそばを送る

先日の飲み会で約束した、高校の同級生と恩師にそばを送った。

そば道場で、そば3k、うどん2.4k、別に注文のあった、うどんは寝かすので時間がかかるのが難点だ。

P1020935
▲うどん(手打ち讃歌)

P1020936
▲そば(新そば、北海道産)

posted by 赤いふんどし at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 手打ちそば

2011年04月16日

「そば遊歩」の根岸さんからいただいたそばを打つ

P1010751

今週木曜日に「そば遊歩」の根岸さんが、吉見さくら堤公園に奥様と友人4名で桜を見にこられ、そば道場大心堂そばランチにも寄っていただいた。小生はお会いできなかったのだが、内藤師範代に丁重に対応してもらった。その時、根岸さんから、八ヶ岳山麓産の荒挽きそば粉をお土産にいただいたので、今日打ってみた。10割、加水率45.5%、挽きぐるみに近いそば粉で、しっとり感があり、比較的簡単に打つことができた。

早速、内藤師範代と試食したが、そばの原点を感じさせるそばであった。いかにも根岸さんが好みそうな〜と思いつつ、美味しくいただきました。もりつゆは36%では、そばに負けそうなので45%だとぴったりだと思った。

根岸さんありがとうございました。

posted by 赤いふんどし at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 手打ちそば