2013年10月05日

生筋子からいくらの塩漬けを作る

北海道旭川市のスーパー「ウエスタン」内にある魚店にいい生筋子があったので送ってもらった。

きょう、早速下処理をして塩のいくら漬けを作った。

これから贅沢に、いくら丼、いくらそばなどにたっぷり使える。

P1000584
▲生筋子4腹

P1000586
▲餅網でばらす

P1000587
▲これから塩水できれいに洗う

P1000589
▲塩水に7分漬けて冷蔵庫に2時間寝かして出来上がり

詳しいいくらの塩漬けの作り方はこちら↓

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/5129/sobaryouri/ikurabukake.htm

posted by 赤いふんどし at 20:07| Comment(0) | TrackBack(1) | そば料理

2013年07月18日

冷やし花巻そば

今度のそば道場そばランチで「冷やし花巻そば」を作ろうと思っている。

その日は陶芸の阿部さんが7名、そば道場にランチに来るので「冷やし花巻そば」を出したいと考えている。

温かい「花巻そば」は作ったことがあるが、冷たい花巻そばは初めてなので、ネットで調べてみた。

そもそも、なぜ花巻そばというところから疑問だった。海苔が「磯の花」からきたからというのが説らしいが、それなら「磯の花そば」とか「海苔そば」でいいのではと思うんだけど、どうも納得いく説明はなかった。

そこで、三重県鈴鹿市の「そば空」さんを

Fc969636

参考にして試作してみたい。

なんといっても海苔が良くないとだめらしい。

良い海苔はとろけてきてそばと絡んで独特のハーモニーを奏でるとのこと。

どんなのができるか楽しみでもある。

posted by 赤いふんどし at 16:42| Comment(0) | TrackBack(1) | そば料理

2013年06月30日

赤茄子切りとバジル切り

「そばもん」10巻に「赤茄子切り」が載っていたのでそば道場で打ってみた。

赤茄子とはトマトのこと、それに合うバジルも打ってみる。

赤茄子切りとバジル切りをそれぞれ700g、

赤茄子は湯むきのあと刻んで裏ごしにした。

バジルは細かく刻んであく抜きをしキッチンペーパーで絞っておく。

更級粉8割、割り粉2割に沸騰したお湯を52%で糊状にし

捏ね鉢に全体重をかけてそば玉をつくる。

そば玉に赤茄子とバジルをそれぞれ練りこんで1oに延して

1oに切って出来上がり。

赤茄子切りはトマト中4個使ったけど香りが薄かった。

バジル切りはいい香り、紫蘇切りよりいいかも

P1000220
▲赤茄子切り

P1000221
▲バジル切り(左)と赤茄子切り

P1000222
▲1o角に切る

P1000224
▲変わりそばの盛り付け

posted by 赤いふんどし at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | そば料理