2011年03月19日

桜の開花がもうすぐだが・・・

そば道場に行こうとして自宅を出たらすぐに渋滞、渋滞の先は北本郵便局前のガソリンスタンドと予想がついたので、わき道を抜けて別の道で道場へ、そこまでして何時間も並んでガソリン入れるのかと思うがいたしかたないのかな。

きょうは車の通行量が極端に少なく、そのかわり自転車のが増えたと感じた。

やはり、無駄なガソリンを使わなくなった結果が表れたと思う。

したがって、内藤師範代が丹精込めて作ったそばも空振りになった。

さくら堤公園の桜もちょっと赤味がかったようだ。

開花も近いが、大地震のこの状況の中、のんびり桜見物といくかどうか先が見えない。

posted by 赤いふんどし at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | そば店

2011年02月20日

白川郷のそば店「乃むら」

金沢、飛騨高山、白川郷の3日間の旅から帰ってきた。金沢の「大名茶屋」の社長吉岡さんの紹介の白川郷の「乃むら」が印象に残っている。

白川郷のほぼ真ん中に位置する「乃むら」は、オープンキッチンでそれをL字型にカウンターが囲んでいるシンプルなそば店、小生がそば店の理想とする形だ。

P1010460 P1010455 P1010457

厨房はいつもお客さんの監視で緊張感が漂う、そして、カウンター17、8席は譲り合いの精神が自然に醸成され回転率が上がる。シンプルなメニューが拍車をかける。

厨房が客席より広く取れる店はこの作りしかないと思う。

ところでそばは申し分なく美味しい。

店員の対応もてきぱき気持ちいい、良いそば店を紹介されて吉岡社長にな感謝している。

posted by 赤いふんどし at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | そば店

2011年02月06日

そばランチに色々なお客さん

きょうはそば道場で、そば10食と、うどん20食の注文があり打った。

内藤師範代のそばランチは完売、そばの出来がいままでで一番良かったと思う。

そばで打つのを見ていて「丸出し」がポイントということが体得したようだ。

今日のそばランチのお客さんは中国で日本語を教えている大川原さんが一時帰国で来店、また、中年の男性は戸田市から自転車で、もり2枚を注文、横浜市から座禅会に西田さんが、閉店間際にはキタガクそば教室の生徒の大島さんが妹さんと来てくれた。

色々な人が来てくれた忙しい一日だった。

posted by 赤いふんどし at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | そば店