2012年11月01日

昔懐かしいドーナツを作る

北海道旭川市、グループホーム花での「昔懐かしいドーナツ」が好評だったので、復習もかねて作ってみた。

800gの小麦粉で40個のドーナツが出来る。

詳しい作り方はこちら

P1010414
▲型抜きが楽しい

P1010415
▲170℃で揚げる

P1010416
▲40個出来た、明日、保育園に持っていこう

posted by 赤いふんどし at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理

2012年10月03日

始まりは勝間和代さんのツイッター

新刊「水島シェフのロジカルクッキング」と「強火をやめると誰でも料理がうまくなる」の2冊にはまっている。きょうはロジャースで豚ロースのブロック肉が半額だったので買ってきた(350g、270円)、ブロックのポークソテーを作ってみた。フライパンは「魔法のフライパン」で弱火で調理、水島シェフが言う「塩加減、火加減、毒出しで成功率98%」でやってみた。塩は0.8%、弱火、焼ける時に出る汁をペーパーで取る、をやり、焼き加減は生肉の80%の重量になればOKとのことで、ぴったし80%でびっくりする美味しさになった。

P1010300
▲魔法のフライパンで弱火でじっくり

P1010301
▲わさび醤油でいただく、至福の時だ

posted by 赤いふんどし at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理

2012年07月01日

また、ポテトサラダを作る

ここのところじゃがいもをいただく頻度が多くなり

在庫過剰でその消費を心配しているのだが

世界で見渡すと餓死する人は4万人いるという。

それを考えれば、これは贅沢というもの。

そこで保存が比較的効いて、汎用性のある「ポテトサラダ」を

作ることになった。

じゃがいもを茹でて(もちろん皮ごと)、茹であがったら素早く皮をむいて

スプーンで砕いて蒸気を抜く、胡瓜は輪切りにして塩を振って、水分が出たら

さらしにくるんで絞る、玉ねぎも同様に処理、ハムは短冊に切る、人参は湯がいておく。

これをボウルに移し、塩コショウを振り、和辛しとマヨネーズを入れてざっくり混ぜる(混ぜすぎてはいけない)

これで出来上がり。

冷蔵庫でがっちり冷やせば最高、ウースターソースをかければ

おかずに、パンにはさんではポテトサンドと応用がきく。

常備菜というところかな。

P1000270
▲ボウルいっぱいのポテトサラダ

Photo
▲今晩の晩酌のアテ

posted by 赤いふんどし at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理